インディゴチルドレンの使命

トップページ > インディゴチルドレンの使命

インディゴチルドレンが担っている使命を理解しよう

周囲の人と上手く関わることができないことが多いインディゴチルドレンですが、特別な使命や役割を持っています。透視能力やテレパシーを感じる力が強いインディゴチルドレンですので、新しいことを開拓する力に優れているのが特徴です。孤立することや周囲と上手くコミュニケーションが図れないことが多いですが、インディゴチルドレンだからこそできる役割も沢山あります。

思うように人と関われない場合や周囲と馴染めない時にも、自分自身に役割や使命があることで、強く生きる気持ちを持って生活することができます。インディゴチルドレンにとっては、自分自身の存在価値や必要とされているという示しがあることで、前向きに人や物事に関わることが可能です。自分が必要とされている喜びが感じられるのは、誰もが良い人生に繋げることができる導きとなります。

インディゴチルドレンが担う使命は大きいですが、世の中を新たな方向に導く開拓者としての働きがありますので、そのために自分自身の受け入れ態勢を万全にしておくことが重要です。しかし大きくプレッシャーを感じることはなく、自分が持つ力を無理なく発揮するだけで十分でしょう。インディゴチルドレンの使命や役割を良く理解して、自分の居場所を見つけておくことが大切です。

インディゴチルドレンが使命を活かして幸せになるコツ

使命や役割があることをマイナスに捉えてしまいますと、どうしても負担やストレスしか心に残りません。繊細でデリケートなインディゴチルドレンの場合は特にその傾向が強くなりますが、自分次第で良い方向に導く力に変えることができます。

インディゴチルドレンは新たな道を開拓する先駆者としての使命を担って現世を生きています。そのため、周囲と意見が合わないことも多く孤立してしまうこともあるでしょう。しかし本当に自分を理解してくれて分かってくれる人が一人でもいるのであれば、大勢の人に囲まれていながらも本当の自分を知ってもらえていない人よりは、何倍も何十倍も幸せになれる可能性があります。

インディゴチルドレンは単独行動を好みますので集団でいる時には窮屈さしか感じないかもしれません。そのような方は、許される範囲で自分が一人でいることを選択し続ける勇気も大切です。無理をして自分が辛い環境に身を置くよりも、指名を全うすることに力を注ぎましょう。そうすることで今の自分がやるべきことや、本当に望んでいることが明確に見えてきます。 インディゴチルドレンが使命や役割を受け入れるためには、ストレスを感じる環境からできる限りは慣れて生活するのがポイントです。その結果、今の自分の考えがとてもクリアになることが期待できます。

インディゴチルドレンに使命や役割があるメリットは?

大きな責任となる使命や役割があることは、一方では負担や重荷と捉えるかもしれません。しかしインディゴチルドレンのようにネガティブ思考の人にとっては、自分が存在する意味を見つけることができるきっかけになります。

自分が生きていること自体を否定するようなマイナスな考えを持つ傾向があるインディゴチルドレンにとっては、時代切り開く役割があると分かるだけでも、今後生きていく意欲や決意が生まれるはずです。周囲でどんなにややしい言葉で励ましても聞き入れてもらえないような時には、インディゴチルドレンとしての使命や役割について話しをして、大きな働きができるような責任を与えるのも良いでしょう。

インディゴチルドレンが自分自身を認めて好きになれるようになるまでには時間が掛かりますが、その人に合わせた使命や役割を与えることで大きな自信が生まれて一歩前進できることも十分考えられます。インディゴチルドレンはナイーブな面があることから、何か起こる前から様々な想像を膨らませて心配ばかりする考え方が定着しています。もちろんそのような慎重さも大事ですが、新しい道をつくり出す立場であることを考えますと、少しずつでも寛容な気持ちを持てる習慣づけが重要になります。