インディゴチルドレンは過酷な人生

トップページ > インディゴチルドレンの孤独 > インディゴチルドレンは過酷な人生

インディゴチルドレンの人生は本当に辛いことが多いのか?

目の前のできごとや物事の細かな点まで気になるインディゴチルドレンの場合、普通の人以上に余計なことを考えてしまう傾向が強いため、心配することや不安に思うことが増えます。そのため、話がマイナスの方向に転換しやすくなりますので自然と良くないことや望まないことに見舞われる回数が多くなります。しかしそのような人生を辛く苦しいと嘆いていても話が進まない場合もありますが、全てのインディゴチルドレンが同じように不幸な人生を過ごしている訳ではありません。

自分自身の考えや心の在り方を少し変えるだけでも大きく変わる人生観は、自ら行動する勇気を持つことが大切です。しかし言葉にするほど簡単ではない行動力ですが、人に言われて行動するのではなく自らが気付いて動き出せるタイミングが必ず訪れます。インディゴチルドレンは孤独で暗い人生が想像されますが、そのような人生になるのかそうでなく明るい人生になるのかは、結局は自分次第であるということです。

失敗や挫折を恐れる気持ちが強いインディゴチルドレンの場合、どうしても自分自身を守ろうとする力が強く働きますので、新しいことに挑戦する勇気や人に思いを打ち明けるような行動が難しい傾向にあります。今の自分を少しでも変えて人生を楽しみたいと少しでも思う気持ちがある場合には、マイナスな考えや悪い発想ばかりをする日常を少し抑えて、自分が居心地の良い場所を探す勇気を持つことが大切です。辛いことや悲しいことに直面した場合には、今の自分にどのようなメッセージが向けられているのか考えてみましょう。