インディゴチルドレンの人生

トップページ > インディゴチルドレンの孤独 > インディゴチルドレンの人生

インディゴチルドレンはどのような人生を送るのか

マイナスに物事を捉えることが多いインディゴチルドレンは、どうしても話の展開がネガティブな方向に進んでしまう傾向にあります。どんなことも明るく前向きに捉えられる人というのがこの世の中にも沢山存在しますが、そのような方の場合には不思議と話が良い方向に自然と傾く傾向にあります。インディゴチルドレンには、前向きな考えやポジティブな思考に変えることは難しいかもしれませんが、少しでも努力をして近づけることは可能です。

被害者意識が強いインディゴチルドレンは、人を頼りにしてしまう点が強く、上手くいかないことも人のせいにして逃げ出してしまうような考えがあります。そのような考えや行動は、周囲からますます孤立する一方で、特に集団生活となる学校や会社での居場所は見つけられなくなります。しかし自分自身でそのような考えを封印して、少しずつでも自分の存在価値や居場所を見つけ出せるように努力することも大切です。

自分はインディゴチルドレンだから何をやっても上手くいかない…と初めから諦めるのではなく、どのようにすると今の自分を活かしながら輝くことができるのかを考えることが重要になります。テレパシーや透視の力があることから、どうしても先のことを考えすぎて不安な気持ちになることも多いでしょう。しかしインディゴチルドレンであっても、楽しく過ごせる空間や明るい未来は必ず存在します。悪いように考える習慣を捨てて、自分を信じる勇気を持つことをおすすめします。