インディゴチルドレンの孤独

トップページ > インディゴチルドレンの孤独

インディゴチルドレンは孤独なのか?

独自の感性や独特な考えを持つインディゴチルドレンは、どうしても周囲と馴染めない場合や話がかみ合わない場合がありますので、孤独を感じやすくなります。初めから孤立している訳ではありませんが、自分を理解してくれる人がいなことで心を閉ざすようになり、徐々に周りと仲良くすることに力を注がなくなります。

人から見ますと孤独や寂しさを抱えているように見えるインディゴチルドレンですが、人によっては一人の方が楽であると考えている可能性もあります。そのため集団で行動することが苦手であることが明確になりますので、自然と自分一人で単独行動をすることが多くなります。

しかし本当の孤独は見た目が一人であるわけではなく、心の中の虚しさなどを解消できない点です。インディゴチルドレンの場合には、透視やテレパシーなどの力が強いこともありますので、周囲が感じない変化や少しの言葉遣いを気にするなど、とても繊細でデリケートな面があります。そのような自分自身にしか分からない気持ちを共有できる相手ができるようになりますと心が救われますが、そうでない限りは常に孤独と背中合わせで生活する覚悟が必要です。

インディゴチルドレンが抱える孤独は大きいこともありますが、家族の理解や良い友人との出会いなどによって、生活そのものを改善することが可能です。悲観的な部分やマイナス思考な面が際立つインディゴチルドレンですが、孤独と上手く向き合うことによって気持ちを大きく切り替えることができます

どう向き合う?インディゴチルドレンの孤独

インディゴチルドレンは孤独であるという概念が強いですが、孤独であることを悪であるという風に捉えるのではなく、孤独とどのように向き合うのかが大切です。孤独であるということは、周囲に人がいても心が寂しいという状況も孤独となります。孤独な時には、どんなに恵まれた状況であってもそのことに気が付く心の余裕が無い可能性が高く、自分自身がどん底で不幸であるという世界に浸ってしまっています。

マイナス思考で被害者意識が強いインディゴチルドレンは、どうしても孤独に陥りやすいという特徴があります。そのため、周囲の家族や友人達が気に掛けて対応をした場合でも、思うようにフォローできない可能性があります。しかし周りの人間はここで忍耐力が試される部分で、何度冷たくされても温かい気持ちで受け入れる寛容な態度が大切です。間違えてもインディゴチルドレンである当人を突き放すような態度は避けましょう。

もちろん周囲の対応も大事ですが、何よりもインディゴチルドレンである本人が強い気持ちを維持して孤独と向き合うことが大切です。そのためには、自分自身がインディゴチルドレンであることを認めると共に、どのようにして過ごすのが自分に合っているのか確かめると良いでしょう。

孤独な自分と上手く付き合うインディゴチルドレンの特徴

インディゴチルドレンの中には、孤独で寂しい自分と上手く付き合う人もいます。しかしそのような人の方が自分自身を見つめる心の余裕があるということになりますので、より良い生活が送れるはずです。インディゴチルドレンに限ったことではありませんが、生活に大きな負担となるのはストレスです。強いストレスを抱えたままですと、普通の人でも心への負担が大きくなりますが、インディゴチルドレンの場合には一層敏感になります。

ストレスを回避しますと心が健康的になりますので、体も健康になります。心身共に健康ですとインディゴチルドレンが感じやすい孤独感や虚無感などを遠ざけることが可能です。何も関係がないような気がする健康状態と孤独感ですが、実際には大きな繋がりがあります。

心や体が疲れやすいインディゴチルドレンは、人が気にならない細かな点まで気になる日常に心身は疲労します。そのためストレスを溜め込まないように、適度なリラックスする時間や趣味に没頭する時間を設けることです。インディゴチルドレンは寂しさや悲しさ浮き彫りになることが多いですが、自分が夢中になれる楽しいことを見つけておきますと、その時間だけでも孤独な気持ちを忘れることができます。