仲間の傾向から適性診断をする場合

トップページ > インディゴチルドレンの診断 > 仲間の傾向から適性診断をする場合

周囲にいる仲間で理解できる判断方法とは

インディゴチルドレンであることを診断する場合、その人自身の変化で判断することが多いですが、周囲にいる人の顔ぶれで判断することもできます。特別な力を持ち合わせていることから、周りの人と馴染めずに少人数や個人で行動することが多いインディゴチルドレンですが、その方が楽で快適であると感じています。元々集団で行動することが苦手ですので、学校や職場など多くの人と共に行動することを求められる生活は、時に辛いものであると思うことが沢山あるようです。

特に若い時にはどうしても気の合うグループで行動する傾向にありますが、インディゴチルドレンであると診断される方の多くは、一人での行動を好みます。特別なパワーやエネルギーを持っていることから、どうしても周囲と話が合わないことや変な目で見られる機会が多くなりますので、そのような現状の繰り返しに嫌気が指して単独行動を好むようになります。

しかしいつも一人でいる訳ではありません。場合によっては波長が合う仲間と出会う可能性もありますが、それ程大勢で行動することは避ける傾向にあります。それは決して悪いことではなく、自分自身の居心地の良い場所を探し求めた結果が本当に心を許せる相手と深く付き合うという選択なのでしょう。

広く浅い関係を好んで居心地が良いという方もいますが、インディゴチルドレンであると診断された方の多くは、単独行動や少ない人数での行動を希望します。それぞれの考えで本当の自分をさらけ出せる環境を探すことがポイントです。