生き方から自分の適性診断をする場合

トップページ > インディゴチルドレンの診断 > 生き方から自分の適性診断をする場合

生き方で変わる自分自身への適正診断について

インディゴチルドレンである場合には、生き方そのものに差が生じてきます。どの人にも適した仕事や役割があるように、インディゴチルドレンである場合にも適した立場があります。唯一無二の存在感が強いことから、流れ作業や単調な仕事など誰でもできるような作業には苦手意識を持つでしょう。このような仕事には高い集中力や正確性が求められますが、インディゴチルドレンである場合にはその人にしかできない仕事や役割の方が本領を発揮できます。

インディゴチルドレンの人が集中できないという意味ではなく、興味や関心がないことを長く続けることは想像以上の苦痛を感じます。このような考えは誰も同じで、特別変わっているということもありません。特異体質であるような印象があるインディゴチルドレンですが、自分自身が輝ける場所が必ずあります。すぐに探し出せる方もいますが、時間を掛けて探し出した方がやりがいや喜びが一層大きくなります。苦労した分だけ、見つけた自分の居場所を大切にするでしょう。そしてその場所で、更に活躍できる自分をセルフプロデュースするはずです。

自分自身への適性診断は、その後の人生を大きく左右する影響力が沢山あります。ゆっくり慎重に選ぶと同時に、これと決めたことには迷わず進む判断力が必要です。そのためにも、普段から自分を客観視する冷静さがありますと、いざという時に決断する力が働きます。頭の中に様々な悩みや不安を抱え込んでしまうのではなく、いつでもフラットにしておくのがベストな状態です。