毎日の食事から適性診断をする場合

トップページ > インディゴチルドレンの診断 > 毎日の食事から適性診断をする場合

食事の仕方や好みでも判断できる診断方法

インディゴチルドレンと食事の関わりはあまりないような気がしますが、実際には多くの特徴的なポイントがあるとされています。食欲は人が生きていくために欠かせない存在ですが、時には精神的に不安定になるなどのトラブルによって、コントロールが難しくなることもあるものです。偏食気味の人というのは多くいますが、その中でもある特定のものばかりを食べ続けることに抵抗を感じないのがインディゴチルドレンに多く見受けられる行動です。例えばアイスクリームやケーキなど、適量食べれば満足できるものを食べ続けることができるのは、診断の大きなキーポイントとなります。

見た目では判断できないインディゴチルドレンですが、食事に関する行動に周囲と差が出るというのが判断基準となります。インディゴチルドレンは特異性がある人物ですが、食との関わりは薄いイメージを強く持たれます。しかし実際には人としての欲が分かりやすく発揮される食欲には、食事に関わる判断材料が豊富にあります。同じ偏食でも、好き嫌いが多いことによって食べること自体を苦痛や面倒に感じてしまうという特徴もあります。偏食の場合、どうしても周囲から指摘されることや口うるさく言われることが多く、そのようなストレスから食べることを拒否するようになります。

同じ物ばかりを食べることも食べることを拒否してしまうのも問題ですが、分かりやすい特徴として覚えておきますと、自分自身や家族などの診断をスムーズに進められます。