目をみてその特徴から適性診断をする場合

トップページ > インディゴチルドレンの診断 > 目をみてその特徴から適性診断をする場合

目を見ると分かるのは本当か?

見た目で判断するには難しいインディゴチルドレンですが、目を見ることで理解できる可能性があります。目はその人の本当の気持ちを表すことが可能で、嘘をついている時や我慢をしている時には目に表現されると言われます。もちろんマイナスな面だけでなく良いことがあった時なども目に喜びが発揮されることが多いようです。

インディゴチルドレンである場合の診断方法には様々な手段がありますが、目を見ることで分かりますととても素早く相手を理解できます。どうしても誤解されやすいタイプが多いインディゴチルドレンは、ものすごくパワーやエネルギーを持った存在であることがかえって災いしていることも多く、上手く周囲とコミュニケーションが図れないこともあります。

またインディゴチルドレンは子供だけではありません。チルドレンとつくことから子供にしかいない子供の時期だけの症状と思われるケースが多いですが、実際には大人になってもインディゴチルドレンでいることになります。特別な存在であり、特異なパワーやエネルギーを持っていることから、成長と共に周囲の人と関わるのが難しく感じるかもしれません。しかし目を見てインディゴチルドレンであると診断できますと、周囲の人も上手く対応するコミュニケーション方法を見つけることができます。

新たな道を切り開く先駆者となるインディゴチルドレンは、目を見て診断できることでより、早く周囲と馴染むことができるでしょう。そのためには、身近にいる人が細かな点まで気を配って関心を抱くことが求められます。