自分の見た目から適性診断をする場合

トップページ > インディゴチルドレンの診断 > 自分の見た目から適性診断をする場合

見た目が違う?適正診断にルックスを活かす方法

藍色のことを指すインディゴからそのように呼ばれるインディゴチルドレンですが、見た目が藍色であるわけでもありません。目が藍色になっているということを示す方もいるようですが、実際には魂の色が大きく関係してインディゴチルドレンと名づけられています。

では実際にインディゴチルドレンであることを診断する場合、見た目から見極めることが可能なのでしょうか。一度見ただけで判断できるような徹底的な違いや判断材料はありませんが、透視能力やテレパシーに長けた才能を表すインディゴチルドレンの場合、ちょっとした行動やしぐさなどにも周囲と差が出る可能性があります。そのような意味でも見た目で判断できる材料となります。

似たような顔をする人がいる可能性はありますが、全く同じ顔をした人に出会うことはありません。よってインディゴチルドレンの診断には見た目を活用することは難しく、外見以外の部分で判断をするしかありません。本当は見た目だけで判断できますと、コミュニケーションにも良い影響が与えられて、スムーズな人間関係を構築することが可能です。なぜなら、相手に確認することや自分自身で調べる必要もなく、インディゴチルドレンの診断を素早くできます。

インディゴチルドレンの診断に見た目が活かせないのであれば、それ以外の部分から判断するしかありません。しかし判断する手段が多いことで時間が掛かってしまうかもしれませんが、より正確なことがきちんと調べられるので、瞬時にわかってしまうルックスを活かした診断よりも奥深さがあります。