インディゴチルドレンの見た目

トップページ > インディゴチルドレンの見た目

見た目で分かる?インディゴチルドレンの特徴とは

人とは違うパワーやオーラを持っているインディゴチルドレンは、見た目で判断できる要素があります。まず目元に注目すると良いでしょう。インディゴブルーから引用されているインディゴチルドレンは、青く澄んだ瞳をしています。しかしそのような人は多く、特に子供の場合には純粋で綺麗な瞳をしています。子供だけではなく大人も沢山いますので、見た目でいうと目元に注目して探すのがポイントです。

見た目の判断だけでなく、実際に接していて感じるオーラの違いでも判断できます。インディゴチルドレンの方は、周囲と上手く馴染めないことで孤立してしまう可能性が多いですが、そのことをマイナスと捉えるのではなく、大きな意味や役割があって、次の段階へ進むチャンスであることもあります。判断を見た目で行う場合には、他の人とは違う形で生きていくことを覚悟するのも良いでしょう。

インディゴチルドレンに限らず、何かを見た目でだけで判断することはよくありませんが、その後のコミュニケーション方法にも繋がることを考えますと、暫定的でも判断基準を知っておくことは大切です。遠い存在のような気がするインディゴチルドレンですが、見た目で分からないだけでごく身近にいる場合や自分自身がそうであることも十分考えられます。

インディゴチルドレンとの関わり方

自分自身がインディゴチルドレンである場合だけでなく、家族や友人など身近な人がインディゴチルドレンであることが分かった時には、どのようにして関わると良いのでしょう。見た目で明らかに分かる方もいますが、大人になるまで誰にも気づかれないまま成長する方もいますので、表面に出やすい場合とそうでない場合など様々です。

しかしインディゴチルドレンであるからといって付き合いを辞めるようなことをする必要はなく、今まで通り接することができます。その人自身に何か問題があるわけでもなく、症状が感染するといった危険性もありません。自分がインディゴチルドレンであった場合、急に周囲から冷たくされるような仕打ちは辛く悲しい気持ちになります。

インディゴチルドレンであることが分かった時には、今まで通り過ごすことが大切で、自分自身がそうであった場合でも慌てずに、素直に受け入れるのがおすすめです。急にパニックになって自暴自棄になるような行動は、かえって周囲との関係を悪化させて自分自身を混乱させることになります。インディゴチルドレンであることは決していけないことではありませんので、否定的なことばかりを想像するのではなく、受け入れてからどのように行動するのが良いのか冷静に判断することが理想です。

インディゴチルドレンを見た目で理解する良さとは

見た目だけで判断するのではなく、様々な点を総合させて判断するのが理想のインディゴチルドレンですが、瞬時に判断できる見た目での判断はとても有効です。内面的なことを理解するまでには時間がかかる場合が多いですが、見た目で分かることで、細かな交流を取り除いて相手を判断できます。また自分自身がインディゴチルドレンであった場合にも、無駄な行程を省いて見た目によって自分を知ってもらうことができます。

人を見た目だけで判断するのは良くないとされていますが、理解するためには、外見での判断が大切です。直接相手に尋ねることも難しいインディゴチルドレンですが、その人自身が自覚しているのかどうかも分からない時点で相手に確認することもできないナーバスな問題でもあります。

インディゴチルドレンとの関わりには面倒な点ばかりが浮き彫りにされてしまいますが、特別な存在として他の人に無い力を持っている選ばれた人物であることは確かです。しかし足並みを揃えて共に行動することが多い世の中では、特に息苦しく感じることが多いとされています。そのような方に早く手を差し伸べるためにも、見た目で判断することは決してマイナスな行動ばかりではありません。